東京 サラブレッド。 一口馬主の東京サラブレッドクラブとは?【東京サラブレッドクラブの特徴】

サラブレッド 東京

🤪 勝ち上がり率が高いだけでなく、その勝った馬がその後もどんどん活躍していく傾向が強いのが東京サラブレッドクラブの特徴で、 準オープン以上に到達する馬の確率もトップクラスです。

サラブレッド 東京

😒 ブエナビスタと幾度となく名勝負を繰り広げたレッドディザイアなど印象に残っていた冠なだけに少し寂しいですが、「ルージュ」が新しい歴史を作ってくれる事を期待しています。 Prince Roseの結合が果たされていない点は惜しまれるものの、全体的に連動性が高い血統構成だと言える。

14
サラブレッド 東京

👇 次いで、Nashua. また、有効世代数10代目ギリギリであるが、Somethingroyal-Princequillo-Prince RoseのスタミナをNorthern Dancer内Polymelusを通じ補給できたのは幸運。

19
サラブレッド 東京

😃 牡馬のディープ血統に活躍馬がいない 牡馬のディープ血統で活躍馬がいないという点もあまり良い点ではないかなと思います。

18
サラブレッド 東京

💢 もちろん、ここから活躍馬が出るかもしれませんし、G1馬が出るかもしれません。

サラブレッド 東京

🌏 マニアックな血統に出資できる• 一口当たりの維持費 月額 : 1250円 仮に東京サラブレッドクラブに初めて入会し、クラブの平均募集金額ちょうどの値段の馬を一頭出資した場合で計算してみましょう。