エリクソン ライフ サイクル。 エリクソンの発達段階とは?子供の教育法で気をつけたいこと

ライフ サイクル エリクソン

🤐 そのため、 ユダヤ教会では「異邦人」、地元の学校では「ユダヤ人」と呼ばれ、アイデンティティーに苦しんでいたようです。

ライフ サイクル エリクソン

♥ しかし、この時に、赤ちゃん側の要因(例えば、未熟児や言動や表情を発信する力が弱いなどといった要因)、あるいは母親側の要因(知的な問題、心身的な問題、虐待体験など)があると、相互交流が阻害され、よい関係性がもてなくなってしまうことがあります。 その中で、赤ちゃん自らの「知りたい」、「やってみたい」、「仲間に入りたい」といった積極的な行動が見られるようになります。

ライフ サイクル エリクソン

😝 だから、青年の心が大きく揺さぶられ、反抗するようになるのです。 しかし、青年期までの発達課題を順調に克服できなかった場合、自己を確立できておらず、自分を失う恐怖に支配されるため、他者と積極的に関わることができません。

8
ライフ サイクル エリクソン

😜 身近な親が対象になるのは、親への依存や甘えがその基盤にあるから。 保育士志望者はなぜ、エリクソンの理論を学ぶことを求められているのでしょう? それは、子どもならではの特性を理解し、発達段階を意識して接する必要があるから。

5
ライフ サイクル エリクソン

🤪 自我は相手と自分を明確に区別し、また、相手の目に自分がどう映っているかも認識します。 直面する心理社会的危機は、「 自主性対羞恥心(autonomy vs. 以上が、エリクソンの発達段階説における第6段階「初期成人期」です。 また、ネガティブな力を克服することでプラスの力にもなり得るし、プラスの力は各段階以降に取得することも可能だとエリクソンは説いています。

11
ライフ サイクル エリクソン

😘 学校教育での学習もありますが、人生を通じて学び得ること全てを学習と定義しています。 壮年期は、子どもが成長して手がかからなくなり、少しずつ時間にゆとりが出てくる頃です。 ジェネラティビティーとは、エリクソンによる造語で、「次世代育成能力」などと訳されます。

14
ライフ サイクル エリクソン

🤚 人生は偉大なダンスだという、意味合いまでありそうです。 自我が芽生え、何につけても「いや!」「自分でする!」とゆずらず、親の言うことに反抗する時期でもあります。

1
ライフ サイクル エリクソン

😝 トレーニングも必要。

11