ナゲッツ 対 レイカーズ。 対照的な勝ち上がりのレイカーズとナゲッツによるウエスト決勝。ヨキッチは「僕らはハングリー」と意欲を見せる(THE DIGEST)

レイカーズ ナゲッツ 対

😉 これだけペネトレイトが決まると当然ディフェンスが寄ってくるのでここからレブロンがキックアウトし、モリスがスリーをヒット。 残り4分半で9点差のGAME2、グラントと交代したクレッグがバスケットカウント獲得で6点差に。

14
レイカーズ ナゲッツ 対

🤪 ルーキーのも健闘するなど、5割前後の粘り強い戦いを繰り広げていた。 ヨキッチが居ない時間帯も出てたということです。

6
レイカーズ ナゲッツ 対

🐝 すげー。 8アシストとスローダウン気味ながら、ナゲッツを下すためにはこの万能型ビッグマンを抑え込む必要があるということなのだろう。 レイカーズは破壊力があるオフェンスと言う感じではないです。

2
レイカーズ ナゲッツ 対

⚒ ヨキッチに全く対抗できていないマギーも懸念もあります。 結局3Qは93-75と18点差で終わりました。

12
レイカーズ ナゲッツ 対

👏 フリースロー2本成功で4点差、レイカーズもタイムアウトをとり、残りのクロージングのプランを確認。 クズマ• レブロンは、前半だけで20得点。 マローンHCは2005-06から09-10までの5シーズン、クリーブランド・キャバリアーズでアシスタントコーチを務めており、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)の第一期キャブズ時代を見届けてきた。

4
レイカーズ ナゲッツ 対

🤝 タフショットマレー。 マレーのプレーオフを終わらせたレブロンでした。

7
レイカーズ ナゲッツ 対

☺ 2-0なんだから、気が抜けてもおかしくないのに、最後まで分からない試合にしてしまうのがクリッパーズと違うのかな。 レイカーズのディフェンスはしっかりとチェイスするのだけど、「ここで止める」が作れないから、流れるままにボールムーブされてしまいます。

レイカーズ ナゲッツ 対

🔥 どちらも厳しい注文だ。 残り4分、レブロンが時間を使いながらプルアップジャンパーを決めて9点差、追いかけるナゲッツはタイムアウト取得。

11
レイカーズ ナゲッツ 対

🤔 シリーズを振り返って ナゲッツから見て1-3になった時はもしや?と思いましたが、レイカーズが盤石のゲーム運び。 第4Q開始早々に20点をリードしながらミスを連発して残り6分7秒と残り5分26秒に2度3点差まで詰め寄られたが、この日28得点と8リバウンド、12アシストを記録したガードのジャマール・マーリー(23)の3点シュートなどで逃げ切った。

19