ひいては 使い方。 「ひいては」の意味と使い方・由来や例文

使い方 ひいては

⚓ ここでは、「ひいては」それぞれの意味について説明し、どのように「ひいては」を使うのかをご紹介します。 意味は 「強いることをしては 強要しては 」となり、その解釈で使います。 「ひいては」の漢字表記 「物事を推し進めてゆくと」というニュアンスを持つのが「ひいては」という言葉です。

14
使い方 ひいては

😋 「ひいては、国家全体の問題になる」 「この問題を放置しておくと、この町だけの問題では済まされず、ひいては国家全体を脅かす問題になるだろう。 そういうメリットがあるわけですから、企業体質を見直して、問題が起きないような、そんな会社というのを皆さんで目指していきたいと思っているのです。

16
使い方 ひいては

⌛ 【推進】 1 物を前へ進めること。 「もしくは」と「ひいては」 「もしくは」と「ひいては」についてですが、「もしくは」という言葉の意味は「または」、「あるいは」、「さもなければ」などといった「前述の内容を承けた上で後述する」という形容が見られます。 「延長」(読み方:えんちょう)という言葉に見て取れるように、「進めていった先」というイメージを持つと分かりやすくなります。

13
使い方 ひいては

📱 間違った使い方として、 「強調すれば して言えば 」という意味で用いられていることがありますが、そのように使うなら 「しいて言えば」とするべきで、 「しいては」という表現ではその意味は表現できないので注意してください。

20
使い方 ひいては

😂 プレゼンや目上の方への文としては、畏まった雰囲気を持たせることが出来るため、状況に合った使い方をしましょう。 ここに「しいては」を入れてしまうと、なんだか親にむりやりいうことを聞かせるような感じがしますよね。

使い方 ひいては

👌 「ひいては」の代わりに「事態の終結に留まらず」と置き換えれば、わかりやすいでしょう。

14
使い方 ひいては

😉 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 今日「三大幸福論」と言えば、ヒルティの『幸福論』、アランの『幸福論』、ラッセルの『幸福論』による3つの幸福論を指す。

6
使い方 ひいては

🤞 「ひいては」の意味 「ひいては」という言葉は、最初に話した言葉から、さらに話を発展させる役割があります。 幸福論とは幸福ひいては人生そのものについての考察・論究のことをいう。 「強いる」は「嫌がることを無理に迫る、強制する」という意味です。